団体名【パッチワーク・布ナプキンのお店 布・布・布】

代表者:根井久美子さん

 

活動内容

女性が生涯を通して健康で活き活きと活動することを目的とし、多くの女性達が抱えている月経に関する問題の解決に布ナプキンの使用を提案し、宮崎公立大学の研究成果の紹介、使い方などの普及活動を行うと同時に、リプロダクティブヘルス・ライツの女性の人権に関する啓発活動。

 

※リプロダクティブヘルス・ライツとは

性と生殖に関する健康・権利。1994年のカイロの国連会議(国際人口・開発会議)で国際的承認を得た考え方で,女性が身体的・精神的・社会的な健康を維持し,子どもを産むかどうか,いつ産むか,どれくらいの間隔で産むかなどについて選択し,自ら決定する権利のこと

 

 

活動のきっかけ

 

元々は平成19年より宮崎市で布ナプキンの活動をしており、多くの女性達のQOL向上に貢献し、また人権活動家として、リプロダクティブヘルス・ライツの普及に努めてきた。しかし多くの女性たちが問題を抱えているにも関わらず、日南市では布ナプキンに関する情報が十分に行き届いておらず、布ナプキンの使用に踏み出せないでいる現状を踏まえ、布ナプキンに関する情報を提供していきたいと思った。

 

名前の由来

 

布ナプキンにちなんで付けました。

今後やりたいこと

 

地域・PTA・婦人会・職域等の研修会に呼んでいただき、布ナプキンへの理解を深め、布ナプキンを使って良かったと喜んでいただける女性を増やしていきたい。

教育現場での月経指導では、紙ナプキンの使用の仕方のみが紹介されているので、布ナプキンという選択肢があるということ、また他の月経用品についても紹介していただけるよう働きかけていきたい。

また、地方創生会議で発せられた「35歳以下の女性がいなくなる消滅自治体」という言葉は衝撃的なインパクトがあった。

日南市は市長をはじめ、若い世代の社会参画が全国的にも注目されている。

まだまだ男性には理解の難しい月経について、また他のこと についても提言していきたい。

 最後に一言お願いします!

 

女性の皆さん、使い方をマスターして快適な布ナプキンライフを送れるようになりましょう。

月経に関することなど、今までなかなか理解してもらえなかった事などを話せる環境づくり、場所づくりをしていきます。

 

どうぞ気軽な気持ちでご参加ください。


 

創客創人センター

〒887-0014

日南市岩崎3丁目4番1-2号Ittenほりかわビル2F

TEL:0987-27-3535  FAX:0987-27-3530

MAIL:nichinan.sokyaku.sojin@gmail.com

 

【休  館  日】12/29~1/3

【開設時間】平 日:9時~22時

      日・祝:9時~17時



カウンター