団体名【NPO法人チャイルドハウスさくらんぼ】

                                                                                                                  代表:吉田 容子 さん

 

ここは“近所のおばちゃん家” NPO法人チャイルドハウスさくらんぼ

 

 

 

 

 【住宅街の一角にあります】

子育ての経験から生まれた託児所

 

 自身も3人の子育て経験を持つ吉田さん。

 

“吉田さん ————「子育て中の親御さんにとって、何が一番必要なのか?

 特に家庭の中で主に子育てをしているお母さんたちにとっては、融通の利く場所(託児所)が必要なんじゃないかな?」”

 

 体調が悪い時に安心して子どもを預けられるところがあったら

 里帰り出産で上の子の面倒を見てもらえるところがあったら

 ちょっと子どもを預けてゆっくりリフレッシュしたい

 

 子育て中には“いろんな大変”がある。

 

 少しでもその大変な子育てをサポートできるような

 柔軟性を持った託児所でありたい。

 

 そんな想いから「チャイルドハウスさくらんぼ」の事業はスタートしました。

 

 

 

 

【NPO法人チャイルドハウスさくらんぼ 吉田容子代表】

 

「買い物支援」から始まった新しい地域循環システム

 

 今年(2017年)の9月から、大堂津地区の“よろずや”としてオープンした崎村商店は、元々は吉田さんの実家です。崎村商店もチャイルドハウスさくらんぼの事業の一環として始まりました。

 

 

 

 

 

 【窓からは向かいにある大堂津小学校が】

 

 

“吉田さん ————「この地区は、面積と人口に対してお店が少ないんです。日用品などを購入できる場所はありますが、ちょっとした生鮮食品を扱うお店があればいいんじゃないかなと思って作りました。」”

 

 崎村商店では、毎日、生産者の方々の新鮮なお野菜やお魚などが並びます。

 生産者の方には「100円か200円で販売できる形で持ってきてください」とお願いしており、お客さんにとっても購入しやすい状態になっています。

 

 

 

 

 

【新鮮なお魚、お野菜などが並びます】

 

 

 

 生産者の方が持ってきた生鮮食品は、全て崎村商店が買い取っています。

 昼間は崎村商店で地元の方々が購入し、夕方は託児所に子どもを迎えに来たお母さんたちが購入、仕事帰りに買い物をするという手間を省くこともできます。

 高齢者の方々へのサービスとしてのイメージがある買い物支援は、実は子育て世代にとっても有益でした。

 そして、余った野菜などは調理加工し、託児所で給食として提供、また崎村商店の日替わりお弁当として販売されます。

 このようにして、地消地産というシステムが循環し、地域の人たちがハッピーになり、子どもたちに地元の安心な野菜を提供することにも繋がっています。

 

プロ野球ファンにもおもてなしを!

 

 今後は崎村商店を“買い物支援”と“地域活性化”に役立つコミュニケーションスペースにしていきたいということで、地元の方々によるハーモニカ演奏会などのイベントも企画しています。

また、集会やカフェスペースとして、大広間を貸し出すことも可能です。

 

 

 

 

 

 【素敵な内装の大広間、息子さんであり NITTAKE代表の吉田周平さん作です】

 

 

 

 

“吉田さん ————「ここ大堂津は、広島東洋カープのキャンプ地と、埼玉西武ライオンズのキャンプ地のちょうど中間に位置しています。キャンプ見学で日南にいらっしゃった方々に地元日南の食材を使ったお弁当を食べながら寛いでもらえる場所にもなればと思っています。温かいお味噌汁なども提供して、おもてなしできたらいいですね。」

 

 

NPO法人立ち上げ時の理念を忘れずに

 

 NPO法人立ち上げ前から託児所としての事業を行っていたため、NPO法人になる際(2015年2月設立)に特に大きな苦労はなかったものの、子育てのアドバイスということから在宅看護師の方、食育という観点から農業を営んでいる方に理事として入ってもらいたいという思いがあり、理事として協力してくれる方を見つけるのが大変でした。

 

現在、年に1回、在宅看護師の方による“子育て勉強会”を開催、農家の方には“買い物支援事業”についてアドバイスをいただいています。

“子育て支援”と、“買い物支援”による“社会貢献”で地域活性化をしていくことが「NPO法人チャイルドハウスさくらんぼ」の大きな柱です

 

 

 

 

 

 【おもちゃなどは利用者やスタッフから提供いただいた物も】

 

自分たちができる範囲で、できることを

 

 チャイルドハウスさくらんぼのスタッフは、有償ボランティアで、ボランティアできる時間に、できる範囲で行なっています。スタッフの皆さんにとっては“家庭と仕事の両立ができる”良い環境だそうです。スタッフ自身も無理をせず、ゆったりとした気持ちで子どもたちと向き合うこと、親御さんたちとの信頼関係を築いていくことを大切にしています。

 

 

 

 

 

 

【午前中の絵本の時間】

 

 

 

 

 

 転勤族などで日南に親戚がいない方々の利用も多いという「チャイルドハウスさくらんぼ」。子どもたちの気持ち、親御さんの気持ちに寄り添いながら子育て支援をする、ここは“近所のおばちゃん家”です。


 

「NPO法人チャイルドハウスさくらんぼ」

 

長期、短期、曜日預かり保育をしており、様々な利用目的に対応してくれます。

WEBサイト→http://www.sakuranbokko.sakura.ne.jp

住所:日南市戸高4丁目5-9

電話:0987-31-0816


「崎村商店」

 

コニュニティースペースとしても利用することができます。

要予約10名まで

 

利用時間・料金:10:30〜13:00 2,500円、13:30〜16:00 2,500円、18:00〜21:30 5,000円

営業時間:11:00~16:30

住所:日南市大堂津1丁目10-5

電話:0987-67-5117


 

「宮崎県男女共同参画センター 吉田容子さんの紹介ページ」

http://www.mdanjo.or.jp/challengex/?p=586

 

創客創人センター

〒887-0014

日南市岩崎3丁目4番1-2号Ittenほりかわビル2F

TEL:0987-27-3535  FAX:0987-27-3530

MAIL:nichinan.sokyaku.sojin@gmail.com

 

【休  館  日】12/29~1/3

【開設時間】平 日:9時~22時

      日・祝:9時~17時



カウンター