団体名【NITTAKE】

代表 Art Director 吉田周平さん

 

活動内容

竹あかり空間演出 ~いかなる場所もエンターテイメントな空間へ~

ブライダル、パーティー演出 ~特別な時間をより特別な思い出に~ 

竹あかりワークショップ:自宅のインテリアや贈り物として竹灯籠作りを体験

竹灯籠インテリア販売 :竹灯りの癒しを室内に。竹から生み出される“ゆらぎ”で癒しを。

 オーダーメイドも可能。 

講演活動:「竹の持つ力を活かして感動を届ける」をコンセプトに熱い想いで活動中

活動のきっかけ

 

飫肥の街に戻って1年目の秋、昔は2日間盛大に行われていた祭りが、2日目の夜はなくなっていて飫肥城下祭の元気のなさに気づいた。

そんな時、飫肥と共通点のある山鹿市の灯篭祭りのデザインに授業の一環として参加し築学部が竹を使った灯籠を、芸術学部が和傘をデザインしたことを思い出し、竹灯籠で夜の飫肥を飾って賑やかさを取り戻したいと動き始めました。

そこから2年間自分の想いを伝え続け、人材育成塾「振徳塾」で同期だった2名と共に、竹デザインで地域活性化を目的とし、竹灯篭やプロダクトなど、竹で出来るエンターテイメントの可能性を広げていくクリエイト集団「Nittake Project」を立ち上げ、2015年10月の飫肥城下まつりへ向けて活動を開始しました。

また、日南は、飫肥杉で名高いように杉林がたくさんあるが、その所有者が高齢化して森林の手入れがされなくなり、そこに竹林が進出して放置され、山が荒れてきています。

こうした問題は、日南に限らず全国的に問題になっているが、竹を資源として活用することで、放置竹林問題を解決しつつ、竹デザインで地域を活性 化したいと考えています。

名前の由来

 

もともとは、「日南竹あかりプロジェクト」という名前で活動を始めたが、それを方言っぽく、親しみやすいように変化させたのが「ニッタケ」で、そこからさらに海外での活動なども視野に入れ、現在のアルファベット表記の「NITTAKE」に変えました。

今後やりたいこと

 

和食料理屋の店舗演出、イベントやブライダルなどの空間演出、竹灯籠などのインテリアデザインだけでなく、もっと身近で普段の生活にも取り入 れやすい作品作りもしていきたいと考えています。

最後に一言お願いします!

 

環境問題である「放置竹林」を、デザインやアートで解決しながら、竹で出来るエンターテイメントの可能性を広げていく活動をしています。

NITTAKEはエンターティメントのことを「人々に感動と心の豊かさを提供すること」と捉えています。竹は古来、竹籠や水筒・笠に使われるなど、日本の生活に欠かせない存在でした。我々のDNAには、竹の持つ力(素材感や機能性、香りや癒し)が刻まれています。

竹を現代につむぐ事、それがNITTAKEのチャレンジです。


 

創客創人センター

〒887-0014

日南市岩崎3丁目4番1-2号Ittenほりかわビル2F

TEL:0987-27-3535  FAX:0987-27-3530

MAIL:nichinan.sokyaku.sojin@gmail.com

 

【休  館  日】12/29~1/3

【開設時間】平 日:9時~22時

      日・祝:9時~17時



カウンター